市川ニッケコルトンプラザ 栗山眼科クリニック 

お問い合わせ

047-314-2112

休診日
第2水曜日及びコルトンプラザ休館日

目の病気

目の病気

  • 老視

    病状
    老視(ろうし)は、目の障害の一つで老眼(ろうがん)とも呼ばれますが、老視が正式名称です。
    40代から60代にかけて発生する障害で加齢により水晶体を調節する毛様体の筋力が衰えます。これにより水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、その結果ピントの合う距離範囲が小さくなります。
    老視は一般的に近くにあるものが見えなくなると思われがちですが、実際は調節できる範囲が小さくなります。そのため通常時でピントの合う範囲は普通に見えますが、 調節を必要とする範囲は見えづらくなります。
    矯正
    矯正は老眼鏡(老視鏡)で行います。老眼鏡は凸レンズでできていて、原理は遠視の眼鏡と同じです。
    ただし老眼鏡使用時は遠くが見えづらくなりますので、近くのものを見る際に限定的に使用されます。
    遠近両用眼鏡は、この不便さを解消した老眼鏡で、レンズ下方は凸レンズを使用し、近くがよく見えます。レンズ上方は凹レンズを使用し、遠くがよく見えます。このため一つの眼鏡で遠近が見えるようになりますが、通常の老眼鏡と比べると目が疲れやすく、視野が狭くなるなどの欠点があります。