市川ニッケコルトンプラザ

栗山眼科クリニック

What's News?
(3才児健診について)
市川市3才児健診にて精密検査を勧められ当院を受診希望される方は、院長診察日のみ受け付けております。代診医師診察日は受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。
(コンタクトレンズ初めての方へ)
当院では眼鏡を所有されていない方、つまり眼鏡もコンタクトレンズも初めての患者様への同日の両方の処方箋発行はいたしかねますのでご了承下さい。その場合、まず眼鏡の処方のみを行い、後日コンタクトレンズの処方をお受けいただきます。あらかじめご了承下さい。
尚、眼鏡を所有されていても診察時にお忘れの場合も基本的にコンタクトレンズの処方はできかねますので、あらかじめご了承下さい。 
(未成年の方お一人での受診について)
視力検査及び眼鏡処方、コンタクトレンズ処方等は必ず親権者と同伴をお願いしております。コンタクト経験者の方でも当院初めての場合はお一人での受診をお断りしております。ご了承下さい。
コンタクトレンズ初めての方、眼鏡処方をご希望の方、眼底検査をご希望の方は、診察受付時間終了30分前までの受付になりますのでご注意願います。
(院長診察日について)
院長診察日につきましてはお手数ですがお電話にてご確認くださいますようお願い申し上げます。

 
栗山眼科クリニック
ホーム > 目の病気について > 緑内障

緑内障

病状
眼球内の圧力(眼圧)が上がることにより視神経が損傷し、これにより視野狭窄をきたす病気です。または眼圧は正常であるにもかかわらず、視神経が損傷し、視野に欠損がみられる病気です。日本人の40歳以上の17人に1人の割合で患者がいると推測されています。
初期:一部視野に欠損がおきます
初期:一部視野に欠損がおきます
原因
緑内障の定義は、「何らかの原因で視神経が損傷し、それにより視野に欠損が生じた状態」で、視神経損傷の原因は、眼圧が通常よりも上昇することにより視神経乳頭が陥没し、それにより視神経への血液の運搬が物理的に圧迫阻害され、神経細胞が死滅することによるとされています。しかし、正常な眼圧であっても視野に欠損がみられる場合があり、これは正常眼圧緑内障といいます。この場合も視神経乳頭に陥没がみられます。
中期:視野に欠損が広がります
中期:視野に欠損が広がります
末期:視野に欠損がさらに広がり一部しか見えなくなります
末期:視野に欠損がさらに広がり
         一部しか見えなくなります
 
 
栗山眼科クリニック
千葉県市川市鬼高1-1-1
ニッケコルトンプラザ1F
アウトモール
電話 047-314-2112